[[ryuchi's wiki pages]] &br;
[[パワー回路]]

パワー回路(電源回路)で使われる用語集。但し、一般的でないものや、特定のベンダが利用する用語も含まれている。


:Charge Pump (チャージポンプ)|コンデンサの充電・放電現象を利用し、電圧を昇圧したり、降圧する回路。昇圧で使われることが多い。

:DCDCコンバータ (DCDC Converter)|DC電源を(一般に)異なる電圧のDC電源に変換するための回路。

:LDO (Low Drop Output, ロー・ドロップ・アウトプット)| LDRと同意義で使われる。 LDRを参照。

:LDR (Low Drop Regular, ロー・ドロップ・レギュレータ)|ドロップ電圧が低い または 低く設定可能なレギュレータ電源のこと。

:POL電源 (Point Of Load電源)|電源を必要とする回路の近くに配置された電源。通常制御線を持ち、配下の回路への電源供給を制御できる。

:Step Down (ステップダウン)|入力電圧より出力電圧が低い DCDCコンバータのタイプを指す。

:Step Up (ステップアップ)|入力電圧より出力電圧が高い DCDCコンバータのタイプを指す。

:一次側|電源回路においては、入力側 または、電源回路に対して 電気エネルギーを供給する部分を指す。

:シリーズ・レギュレータ|パワーデバイス(通常は パワーMOS FET, 旧タイプでは パワートランジスタ)で、電流制御を行いながら、定電圧・定電流制御を行う電源

:スイッチング・レギュレータ|インダクタをパワーデバイス(通常は パワーMOS FET)を用いてスイッチング動作をしながら、定電圧・定電流制御を行う電源

:絶縁型|入力回路と出力回路が電気的に絶縁されているもの。⇔非絶縁型

:ダイオード整流型|スイッチング・レギュレータにおいて、下側のスイッチにダイオードを利用したもの。ダイオードの整流作用を利用する。

:同期整流型|スイッチング・レギュレータにおいて、2つのFETを同期して切り替え整流するタイプのレギュレータ。FETの寄生ダイオードを利用し、インダクタの昇圧を防ぐ。

:ドロップ電圧|シリーズ・レギュレータにおいて、入力電圧と出力電圧の差であり、入力から落す(ドロップする)電圧のこと。

:二次側|電源回路においては、出力側 または 電源回路から電気エネルギーを受電する部分を指す。

:非絶縁型|入力回路と出力回路が電気的に絶縁されていないもの。低電圧や少電力型の多くは非絶縁型⇔絶縁型

:ロー・ドロップ| 入力電圧と出力電圧の差が小さい、または 小さく設定することが可能なこと。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS