ryuchi's wiki pages

RPN型電卓

いわゆる逆ポーランド記法をベースにして計算を行う電卓。以前、LEDを14桁使い、ユニバーサル基板上でハードウェアを 組み立てた。しかし、どう考えても実用的にはならないので、小さくして持ち運び可能、電池動作に対応するようにして、 実用的になることを目標にして作り直してみることにする。

ハードウェア

キーボード

  • 数字(0〜9), 小数点(.), 演算記号(+-*/), 入力キー(Enter) で、最低 16個のキーが必要
    • 四則演算以外やその他の機能を実装するためには、もっと多くのキーが必要。
      多くのキーを実装すると サイズが大きくなる。

表示ユニット

  • LCDキャラクタ表示器を使う
    • 16文字x2行のタイプが安価で容易に入手可能。20文字x4行タイプもあるが、サイズが大きくなる。

CPU

  • PICを利用
    • Cでプログラミングが可能。Cの算術演算ライブラリが使える。

電源

  • 単三電池 2本(Ni-MH)を利用。アルカリ単三電池の電圧にも対応する。(電圧は 1.8〜3.4V対応)
    • 電圧は昇圧して利用する。

その他

  • 下記のインターフェイスを実装
    • PICプログラミング
    • キーボードインターフェイス
    • シリアルインターフェイス
    • SDカード?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-20 (木) 22:45:52 (4487d)