ryuchi's wiki pages

製作/組立て

ケースの選定とケース加工

メインボードの製作が完了し、動作確認が出来たら、適当な大きさのケースを加工して組立てを行います。
ここでは、タカチ電機工業製の YM薄型ボックスシリーズ(アルミ製) の YM-100 を利用しました。 大きさは 100(W)x70(D)x30(H) というサイズです。少し大きめのポケットなら入るはずなので、このサイズなら ポケットコンピュータと言っても大丈夫だと思います。
ケースには あまり機械的な強度は求められませんので、アクリル製や塩化ビニール製または 可能なら厚紙などでも 適当な大きさがあり、耐久性があればなんでも良いでしょう。

まず、ケースにメインボードを固定するための穴、電源、キーボード、シリアル用コネクタの取付け穴 および ICSP用のコネクタを 通すための穴を開けて加工します。
あまり神経質にならず、少し小さめの穴をあけて、その後やすりで少しずつ削り、コネクタの大きさに合わせて広げていく 方法でいいでしょう。

case1.jpg

そのようにして加工したケース

次にふたになる部分には キャラクタLCDパネルを取り付けます。LCDパネルが手前になるようにしているのですが、これは、 メインボード上のケーブルを挿したボックスコネクタに高さがあるためです。中央や 上部に取り付けると、ちょっと干渉して しまう感じでした。 そこで、手前にずらして 干渉を避けています。
もう少し高さがあるか、ボックスコネクタを L型のものにすれば、干渉を避けらたようでしたが...
大きさがぎりぎりになりそうな場合は、このような部品の配置にも注意してください。

case2.jpg

キャラクタ表示液晶パネルを取り付ける穴を作って組込む

case3.jpg

ケースのふたの内側。表示させる方向にも注意して組込む

配線/組立て

ケースの加工が終わったら、メインボードを取り付け、シリアルインターフェイス用コネクタおよびLCDパネルへの配線 (ケーブルの取り付け)を行います。
メインボードは ケースの下側から M3のネジで、カラー、メインボードを通して ナットで固定します。

case4.jpg

部品を取り付け、コネクタを接続を行い、ふたを止める手前の状態

make10.jpg

ふたを止めて、最後にケースの底にゴム足を貼付して、ハードウェアは完成。

make11.jpg

シリアルインターフェイスコネクタ側

make12.jpg

ケースの底側。ゴム足を貼付してある。基本は四隅だが、留めネジがある場合は多少ずらしてもOK

battry1.jpg

最後に 単三型Ni-MH電池 4本で動作させているところ
電源回路は、電池に対応させていませんので、できるだけ ACアダプタ(安定化された DC 5Vを出力するもの)を利用することが前提ですが、 電池でも動作させることが出来ます。
電池で動作させる場合は、単三型乾電池を4本直接にすれば、動作するはずです。
Ni-MHタイプの充電式電池を使用した場合、電圧は 1.2V x 4 = 4.8Vと少し低めになりますが、充分に充電された状態ならば 問題ありません。
しかし、内部の3.3V電源用の電源ICは、ドロップ電圧に 1.2Vを必要とするため、電源電圧が 4.5V(3.3V+1.2V)になると、 不安定になると思われます。しかし、この状態では、充電池はまだ充分に放電しきっていませんので、そのまま再充電すると メモリ効果が生じてしまいます。
充電池を再充電する場合は、放電機能のある充電器を使い、放電させてから充電するように注意してください。 また、過放電に対する保護回路もありません。電圧が低くなっても 自動的に切断する回路がありませんので、過放電にも注意してください。 過放電は、充電池の寿命を縮める原因になります。~ アルカリ電池 4本で使うと 1.5V x 4 = 6V と少し高めの電圧になりますが、許容範囲なので動作可能です。この場合も、 電源電圧が 4.5Vになるまで使えます。ただ、この場合も若干容量を残した状態で終わってしまい、動作しなくなるはずです。
しかし、その状態のまま放置すると、電池が液漏れを起こす可能性があります。
なお、Panasonic オキシライド乾電池は使えませんので、使わないでください。オキシライド乾電池の初期電圧は 約1.7Vと高く、この場合は電源電圧が 1.7V x 4 = 6.8Vとなります。 この電圧は高すぎます。今回の回路では、高すぎる電圧に対する保護回路を内蔵していないため、回路を破壊する危険があります。

結局のところ、電池に対応するための回路を持っていませんので、電池で使うにはいろいろ配慮したり、不都合が残っています。というわけで、基本的にはACアダプタを使うことをお勧めします。


添付ファイル: filemake12.jpg 1373件 [詳細] filemake11.jpg 1386件 [詳細] filemake10.jpg 1402件 [詳細] filecase4.jpg 1439件 [詳細] filecase3.jpg 1500件 [詳細] filecase2.jpg 1455件 [詳細] filecase1.jpg 1456件 [詳細] filebattry1.jpg 1445件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-04 (火) 23:59:09 (4504d)