RS232 レベル変換

RS-232Cの信号レベルは GNDに対して、±5〜15Vの電圧をもつシングルエンドの信号になっています。 一方マイコンで使われるロジック回路の電圧は、0〜5V、0〜3.3Vや 0〜1.8Vなどであり、両者には 電圧の互換性がありません。従って両者を直接接続することが出来ません。
両者を接続するためには、相互にレベル変換を行う必要があります。このレベル変換を目的に特化したLSIは 各社からリリースされています。
MAX3232は、このベレル変換に特化したLSIのひとつであり、定番としてよく使用されています。(内蔵する トランシーバ/レシーバの数などによっていくつかのバリエーションがあります。また互換性のあるICが 複数のメーカーからリリースされています。) なおオリジナルは MAXIM社とのこと。
なお、ピンアサインや機能的に互換のものが多く流通していますが、対応する通信速度や、信号レベルに 差異がある製品もあります。マイコン側の電圧や、必要とする通信速度を満たしているか、事前にデータシート等で 確認しておく必要があります。
(古くにリリースされたものは、5Vにしか対応していなかったり、対応する通信速度が遅い場合があります。)
PC/PDAなどには RS232CインターフェイスのドライバとしてMAX3232およびその互換品を採用した製品が多い。

データシート

変換ICの例

  • TSSOP 16ピン版
    MAX3232_TTSOP.jpg
    このほかにも16ピンDIPパッケージ (ピン間隔が 0.1インチ)や 20ピンタイプなど、いくつかサイズの物がある。

ピン配置

1DCDINキャリア 検出
2RxIN受信データ
3TxOUT送信データ
4DTROUTTerminal Ready
5GND-GND
6DSRINData Set Ready
7RTSOUT送信リクエスト
8CTSIN送信可能
9RIIN

添付ファイル: fileMAX3232_TTSOP.jpg 1549件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-27 (水) 20:43:03 (2791d)